食事がつくる発達障害②

去る10月19日に開催した当院のセミナーは、発達障害第2弾 砂糖と血糖の話です。

タイトルは発達障害ですが、大人にも当てはまる血糖と脳機能、情緒への影響をお話しました。子供は、もといヒトはなぜ砂糖(甘いもの)を欲するのか。なぜ、カフェインを欲するのか・・・

セミナーでは低血糖の定義と病態をお話しましたが、その詳細は、2022年1月26日「「低血糖症」って「糖尿病」の逆ではないんです」というタイトルの投稿をご覧ください。

今回のセミナーでは、低血糖に伴うホルモンの作動が、精神状態(子供ではかんしゃくや夜泣き)や消化機能に影響し、発達障害様の症状の一因になり得るという観点でお話しましたが、それは、大人においても脳の機能、情緒の乱れという形で現れます。

そしてその対策については、2022年2月6日の投稿「低血糖症の対策「補食」」にも書いていますのでご参考にして下さい。単なる「おやつ」と「補食」のちがいを理解すること,

自分にとって最適な補食の量と食材、タイミングが重要です。以下、セミナーのポイントをご紹介します。

子供の機嫌が悪いときは・・・

◆まず低血糖を疑おう(実は、大人が疲れたとき、イライラするときも同じ。)
◆まずは補食させ、自分も補食してから子供と向き合う                      「オー低血糖来たな~」という目で見てあげると、落ち着いて対処できます。
◆親子で補食してから家事をする

子供を不調にするおやつ

◆チョコレート、ケーキ、ポテトチップス、キャンディー、アイスクリームなど…
  ⇒このようなおやつを毎日食べている子どもは、
   アトピーや喘息、発達障害などに悩むことが多いというデータも…

子供を元気にするおやつ

◆ ゆで卵、野菜チップス、ナッツ類、豆乳と果物のスムージー、煮干し、ポタージュスープなど…
◆ 糖質系なら
  おにぎり、さつまいも、じゃがいも、とうもろこしなど…
  ⇒食物繊維やビタミンも補うことができる!
 おやつ(補食)は成長に必要な栄養素を分食して摂るのが目的であり                甘いものを食べて喜ばせることが目的ではない!!

どうしてもチョコレートやケーキを食べたいとき
  ⇒先にゆで卵やチーズ、ちくわなどのタンパク質を摂取
   糖質の吸収が穏やかに&食べ過ぎ防止に!

外出時の対策

◆ 水に蜂蜜を溶かしたドリンク(ビタミンCの粉末を入れておくとビタミンCの補給にも)
◆ 甘栗や干し芋、ミニおにぎりを小分けにして携帯しておく
◆ アミノ酸サプリ
◆ MCTオイル

自分の栄養管理とリラックスで余裕をもって家族に接するための「自分ファースト」
それは「自分勝手」とは違います!

お子様のみならず、ご自身や家族、職場の同僚のイライラ対策にぜひ・・・
 食事に出し粉、MCTオイルをふんだんに使ってみましょう!
 低血糖対策(補食を携帯・摂取する)を実行してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です